WORK LIFE CURATOR

アラサーキャリコンがWORK LIFEを究めるブログ

ティファニーの店員さんに学ぶ、お客様の気持ちを掴むために大切な5つのポイント

ティファニーの店員さんに学ぶ、お客様の気持ちを掴むために大切な5つのポイント

 

こんにちは!

ワークライフキュレーターです。

(はじめましての方はこちら→Profile

 

あなたは営業が上手な方ってどんな方だと思いますか?

話が上手な人?

雑学が豊富な人?

明るくて礼儀が正しい人?

 

今日、ティファニーに婚約指輪を買いに行ったのですが、担当してくださった方(Sさんとします)の営業力が秀逸だったので、記録しておきます。

ティファニーのSさんに学ぶ、お客様の気持ちを掴むために大切な5つのポイント

1:お客様に好意を示す

「営業は、明るくて元気があったら大抵のことはOK」が私の持論です。

Sさんはまず、笑顔で気持ちよく迎えてくれたので第一印象がとてもよかったです。

さらに、少しオーバーに祝福の気持ちを伝えてくれました。

こちらを巻き込むようにテンション高く接してくれると、こちらとしても好印象を抱きます。

 

「この人から買いたいか」を判断してもらうために、つかみに一番気を使いましょう。

 

2:キーパーソンを抑える

二番目に大切なことが、キーパーソンを抑えることです。

私がMRをしていた頃も、【一見、キーパーソンっぽい人】と【実際のキーパーソン】が異なるケースがたくさんありました。

キーパーソンを見極めることができるか否かは商談の行方を左右します。

 

今日は彼と2人で選びに行ったのですが、「女性が気に入ったものを選ばれると思いますので…」と私メインに話は進めていくものの、実際にお支払いをする彼にも上手に話を振り、「私:彼=6:4」くらいの割合で話を進めていきます。

彼は「好きなものを選んだらいいよ」と言ってくれていたものの、きちんと配慮される姿勢には学ぶところがありました。

 

3:過不足なく説明する

三番目に大切なことは、過不足なく話をすることです。

どれを購入したいか、あらかじめおおよそ見当をつけて行っていたのですが、高い買い物なのでこちらも類似品と比較検討したい気持ちはあります。

店員さんから「一通りご紹介させていただいてもいいですか?」との申し出があり、あらかじめ伝えていた「シンプルなものがいい」との軸に沿って類似品のご紹介もしていただきました。

 

「過不足なく説明する」なんて、営業として当たり前と思われるかも知れませんが、それができている営業はまあ少ないです。

これができるだけで、お客様は気持ちよく話を聞くことができます。

 

4:お客様に親近感を持たせる

「この人から買いたい!」となるためには、お客様との距離を縮める必要があります。

Sさんは所々で自身のプライベートや体験談を話してくれました。

自らプライベートな話をしてくれると、とても親近感が湧きます。

ルート営業のようにこれからずっと頻繁にお付き合いしていくわけではないので、あまりにもプライベートな話が多すぎると「そんなにプライベートを明かされても…」となりそうなところですが、さじ加減が絶妙だな〜と思っちゃいました。

 

5:お客様を喜ばせる

知っていましたか?

ティファニーではブライダルフェアを不定期で実施しており、その期間中にマリッジリングを購入すると、オリジナルの婚姻届がもらえるそうです!

(超かわいい♥)

 

「ティファニーオリジナルの婚姻届は手元に残しておきたい」という人用に、通常の婚姻届もセットになっていました。

こんなの見せられたら、「マリッジリングをティファニーにしようかな」と思っちゃいますよね。

今日必要な話ではありませんでしたが、いい話が聞けてとても得した気分になりました。

「お客様は何をしたら喜ぶか」

営業は常にこの視点を忘れてはいけないと、改めて思いました。

いかがでしたでしょうか?

1:お客様に好意を示す

2:キーパーソンを抑える

3:過不足なく説明する

4:お客様に親近感を持たせる

5:お客様を喜ばせる

挙げてみると、これって、ごくごく当たり前のことなんですよね。

人によっては「なーんだ」と思ったかもしれません。

でも、実際にできている人はどれだけいるでしょうか?

やはり、当たり前のことが当たり前にできる人が最強なんです。

営業先との関係性で悩みがある方は、ぜひできそうなところから試してみてください^^

 

 

ワークライフキュレーター

♦お問い合わせ♦ info@worklifecurator.com

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)