WORK LIFE CURATOR

アラサーキャリコンがWORK LIFEを究めるブログ

理想の働き方を叶えるための3つのチェックポイント

理想の働き方を叶えるための3つのチェックポイント

 

こんにちは!

ワークライフキュレーターです。

(はじめましての方はこちら→Profile

 

私は、「自分のワークライフに妥協する人を撲滅したい」と考えています。

そこで、理想の働き方を実現させる3のポイントとはどのようなものかについて考えてみました。

 

理想の働き方を叶えるための3つのチェックポイント

①自分にとって必要十分な収入がある

“自分にとって”というところがポイントです。

「収入が多いから幸せ」「収入が少ないから不幸」とは限りません。

 

米プリンストン大学の心理学者、ダニエル・カーネマン教授の面白い研究があります。

感情的幸福は年収75,000ドル(約900万)までは収入に比例して増えるが、それを超えると比例しなくなる

人生にも損益分岐点があるというのは、面白いですね!

 

「働くこと」「生活すること」の両方のバランスを取ることは、持続可能な社会人生活を営んでいく上で欠かせません。

お金を稼ぐためには働かなくてはなりませんが、「もっともっと」と働きすぎて、例えば健康を大切にしたい人が健康を損ねたり、家族を大切にしたい人が家族との時間が取れなくなって孤独になっては本末転倒です。

そういった意味で、理想のライフスタイルありきでワークスタイルを選択するとスムーズです。

・自分はどのようなライフスタイルを理想としているか

・何を大切に生きたいか

・それにはいくら必要か

このあたりを明確にすると、理想の収入も明らかになり、おのずと理想の働き方に行き着きます。

 

②仕事から満足感を得られる

満足感はモチベーションに直結します。

※モチベーションとは?

動機を与えること。動機づけ。

物事を行うにあたっての、意欲・やる気。または、動因・刺激。「モチベーションが上がらない」「高いモチベーションを維持する」

何から満足感を得られるかは人によって違います。

人によっては「成長」や「やりがい」かもしれませんし、「良好な人間関係」かもしれません。

「人の役に立っている感覚」という人もいるでしょう。

自分が働くことによって何を与えたいか(生み出したいか)、何を得たいか

これを明確にすると、おのずと自分が満足する働き方が明らかになるでしょう。

 

③人間関係が良好で、相乗効果を生み出せている

人は一人では生きていけません。同じように、人は一人では仕事ができません。

どのような仕事であっても他者との関わり合いの中で仕事をしています。

そのため、良好な人間関係は理想の働き方を実現させる上で大きなポイントとなってきます。

ただ、「苦手な人がいるから今の働き方は理想的でない」と考えるのは安易すぎます

当たり前ですが、自分と相手は別人格なので付き合い方を工夫する必要があります。

 

いかがでしたでしょうか。

理想の働き方を叶えるために、

□自分にとって必要十分な収入がある

□仕事から満足感を得られる

□人間関係が良好で、相乗効果を生み出せている

の3項目をチェックしてみてくださいね!

今日の内容が、あなたの理想の働き方を考えるきっかけになったら幸いです^^

一人では考えにくい方は、下記フォームより個別相談も受け付けています!

 

 

ワークライフキュレーター

♦お問い合わせ♦ info@worklifecurator.com

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)